LED照明の専門店

お電話でのお問い合わせ03-6410-7752
メールでのお問い合わせ

トップページ > 蛍光灯器具の見分け方 > 器具の種類によるLED交換への見極め

LED照明は少ない消費電力で、明るくなりました

イメージ写真

LED電力はより少ない消費電力で、明るくなりました。
ス実質的な電気代は原発事故の影響や、円安、原油高、再生エネルギー促進などで上がっています。少し前と比べてもLEDに替える効果が大きくなっています。

初期費用ゼロプラン概要
LED蛍光灯管+工事代金を4-6年分割払い
LED蛍光灯管は5年間保証、不良品は交換
LEDに替えた電気代+分割金額が、今の蛍光灯の電気代より安い
費用的な効果だっけではなく、交換の手間が減り、すぐについて快適

どの場合に分割払いで支払額が少なくなるかを一覧にまとめました。

費用的な効果は点灯時間に大きく左右されます。そのため点灯時間別に今お使いの蛍光灯器具器具が一般タイプか、節電タイプ(HF)かで分けて一覧にしています。また電気代は従量電灯(通常の事務所、店舗)か、大口契約(大規模工場、店舗)で大きく違いますのでこちらでも分けてあります。

  1.貴社(店)の照明の点灯時間
  2.お使いの器具
  3.本数
  4.蛍光灯管の長さ
  5.電力会社との契約(従量電灯か、大口)
  6.地域(電力会社)をお問い合わせからお知らせください。


詳細な効果をシミュレーションします。お気軽にお問い合わせください。
HFはHF管を使用する器具のタイプで、インバータ器具の場合です。インバータ器具は消費電力は安定器を含めて34W程度です。ラピッド型やスタータ(グロー)型は一般(HF以外)となり、消費電力は安定器を含めて42W程度です。
器具の見分け方はこちらをどうぞ。どんな場所で使われているかはこちらでどうぞ。
詳細な費用効果はこちらをどうぞ。電気代の説明はこちらをどうぞ。


イメージ写真

従量電灯(通常の契約)

 


大口契約(受電装置のある高圧契約)

  

 

 

 

初期費用ゼロプラン

LED蛍光灯管+工事代金を分割払いで、気になる初期費用がゼロ!

詳しくはこちら

アプライトがおすすめする他にはできないLED照明の選び方

LED照明の導入に補助金があるのをご存じですか?

無料でお見積もり・ご依頼はこちらから

施工事例はこちら

LEDに関するQ&A

メールでのお問い合わせ